<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 漢方の病院に行くまで | main | もう一つの持病(ネフローゼ症候群) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
漢方の病院へ
漢方の病院へは朝早く家を出て新幹線で行きました。およそ一時間の旅です。

病院へ行くと一時間ほどの待ち時間で先生に呼ばれました。
先生はまず
。妝辰牢絢しない病気である。
副作用のデータがない。(漢方を使用してまだデータが取れるほどの期間・例がない。)だから副作用が起こる可能性もある。(可能性は低いが)
まだ無認可の漢方である。
ぅ廛譽疋縫鵑了藩儡間が長いなら骨量検査を半年ごとにして、骨量補助の薬を病院からもらうようにする。
シ于疉修鬟瓠璽襪覗り連絡を取り合う。
大まかにこのような事をゆっくりと分かりやすく一時間ほど説明していただき、漢方の資料をもらいました。
検査は骨量・血液検査、診療費・漢方分として3600円。

最後の最後に「学校に行っていないのならお子さんを預けて(入院させて)くだされば、私がプレドニンをきれいにゼロにしてお返しするんですがね〜」と言ってくださいました。(先生は本当に患者に親身になってくださっているんだなあ〜)と感じられた言葉でした。

帰りの景色は行きより美しく明るく見えました。
* comments(1) * trackbacks(1) * 広島漢方
スポンサーサイト
* - * - * -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
* - * 2015/08/21 7:32 PM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://ucjiouenn7413.jugem.jp/trackback/9
トラックバック
【漢方】
漢方漢方(かんぽう)、漢方医学(かんぽういがく)とは伝統中国医学の系譜で、日本では『傷寒論』(しょうかんろん)と『金匱要略』(きんきようりゃく)と呼ばれる古典の治療方法に基づいている。現在は漢方薬による治療のみを指すことが多いが、元来は鍼灸や按摩、食
* 漢方薬のしおり * 2007/04/19 11:09 PM *