<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 子どもの様子 | main | 今日の診察で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
天国の特別な子ども
"どんぐりの家 山本おさむ作”の漫画が好きで時々読みます。
作中に現れたこの詩に思わず涙が出てきました。

うちの子は障がい児とはもしかしたら言えないかもしれない
けど、親としていつも子どもに感じている負い目のようなもの
それは消えません。
きっと「思ってはいけない事」として押さえ込んでいるだけでは
消えたことにはならないのです。

天国の特別な子ども エドナ・マシミラ/大江裕子(訳)

会議が開かれました

地球からはるか遠くで。

”また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ”

天においでになる神様に向かって

天使たちは言いました。

この子は特別の赤ちゃんでたくさんの愛情が必要でしょう。

この子の成長はとてもゆっくりに見えるかもしれません。

もしかして一人前になれないかもしれません。

だからこの子は下界で出会う人々に

とくに気をつけてもらわなければならないのです。

もしかしてこの子の思うことは

中々わかってもらえないかもしれません。

何をやってもうまくいかないかもしれません。

ですから私たちはこの子がどこに生まれるか

注意深く選ばなければならないのです。

この子の生涯がしあわせなものとなるように

どうぞ神様 

この子のためにすばらしい両親をさがしてあげて下さい。

神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。

その二人は すぐには気がつかないかもしれません。

彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。

けれども天から授けられたこの子によって

ますます強い信仰と豊かな愛をいだくようになることでしょう。

やがて二人は 自分たちに与えられた特別の

神の思し召しをさとるようになるでしょう。

神からおくられたこの子を育てることによって。

柔和でおだやかなこのとうとい授かりものこそ

天から授かった特別な子どもなのです。


作者のエドナ・マシミラは米ペンシルバニア州にある
マクガイア・ホーム(障害児療育施設)のシスターで、
この詩は日本の障がいをもつ子の両親へのメッセージだそうです。
* comments(0) * trackbacks(0) * 子どもへ
スポンサーサイト
* - * - * -
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://ucjiouenn7413.jugem.jp/trackback/78
トラックバック