<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 子どもの体調 | main | 「ネフローゼ症候群」って何? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
子どもの今の状態
漢方で順調にプレドニンを減量中だったのに、また体調がいまいちです。

子どもが頭痛と・胸焼けのような症状を訴えるので病院に行くと「プレドニン減量中の症状」との診断。私は先週までUC児の弟が「吐き気と熱のある風邪」にかかっていたのでそれがうつった可能性もあるのではないか??と思っています。
この症状のためプレドニン減量は中止、現在の量で様子を見ています。

プレドニンが減量出来ないのはもどかしいし、もし上の症状が風邪のせいであった場合も風邪をひいた後にUCやネフローゼが悪化する場合があるのでとっても心配です。

子どもの様子はというと学校には気乗りしないまま毎日行っています。(帰りだけ私が迎えに行きます。)
倦怠感があるようで(体重増加のせいもあるかも)体を動かすのが辛い様子。時々頭痛や「喉の所がつまる」(胸焼けか吐き気があるという意味でしょうか?)と言います。
でも調子が良いと買い物のお使いをしたり、夕ご飯を私と話し合って決め、その後は全部作ってくれます。その他身のまわりの小物をいきなり整頓して要らない物を捨てたり、弟をむやみに大声で怒ったりとか・・ですかねぇ〜。
体重増加とムーンフェイスがひどく、人相は変わりましたが、ニコニコしてるのを見ると「これはこれで可愛いなあ〜」と思ったりします。(親ばかですね。)

UC(潰瘍性大腸炎)は漢方のおかげで押さえ込めそうな気がしてきました。
が、微小変化型ネフローゼ症候群はあと何年か(あと4・5年)は再発する可能性がある上、有効だった免疫抑制剤(ネオーラル)を2ヶ月前小児科ネフローゼ担当医にうるさく言って止めてもらったのが今さら心配になってきました。(N先生きっと納得いかなかっただろうなあ〜。うるさくてすみません。)
しかし心配になったおかげで、ネット検索でかなり勉強になった。ネフローゼの方は「もうすぐ終わるはずだ」と関心がおざなりでしたが、「あと何年もまだある」から気をつけておかないと・・。

昨日の午後、尿検査紙でタンパクが出ている結果が出て、びっくりしてしまいました。しかしタンパク尿検査は「早朝尿」での検査が基本のため、今朝検査しなおすとキレイな尿だった・・。寿命が縮んだよ・・。こっちが下痢しそうだよ・・。検査紙がレッドゾーンになる夢を毎日みてしまいます・・。
* comments(0) * trackbacks(0) * UC(潰瘍性大腸炎)
スポンサーサイト
* - * - * -
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://ucjiouenn7413.jugem.jp/trackback/7
トラックバック